期待されている電力自由化制度【メリットが満載】

電球

資源を有効活用

バイオガス発電は、環境に優しいエネルギーを使用したクリーンエネルギーと呼ばれるもので、有機ゴミから発生させたバイオガスを使い発電を行う方法です。有機ゴミを処分するのではなく、エネルギーとして再利用できることから注目されています。

詳しく見る

コンセント

ライフスタイルに合わせる

電力自由化に伴って、自分で好きな電力会社を選べます。しかも、ライフスタイルに応じてプランを選べるため、安く抑えることができます。そして、携帯会社が提供して割引があったり、ポイント制を導入して電気料金に充てられるメリットもあります。

詳しく見る

記事リスト

信頼できる作業内容

ウーマン

複数の作業員で高所や危険箇所の工事を行う事で、事故を防止しながら点検作業にも力を入れてくれる電気設備工事店は人気があります。アフターサポートも充実していますから、万が一の不具合に備えやすいという点も好評です。

詳しく見る

電気も選ぶ事ができる

電球と住宅模型

電力自由化で一般住宅なども電気会社を選ぶことができるようになりました。これらの会社は新電力と呼ばれ、自社の商品と組み合わせた割引サービスなどを行っています。これらを精査し最も適した電力会社を選ぶことが大切です。

詳しく見る

未来のクリーンエネルギー

電球

バイオガス発電は、廃棄処理される有機ゴミから得られるバイオガスを燃焼させてエネルギーを得る発電法です。発電所の構造もシンプルで安全性も高く、不要物からエネルギーを再生する画期的な発電法と言えるでしょう。

詳しく見る

エネルギーの小売自由化

電球と住宅模型

期待される販売価格低下

昨年の4月に契約電力が50kw以下の小売部門で電力自由化が始まり、今年の4月から都市ガス自由化も始まって、いよいよ、国内のエネルギー小売りが全面的に自由化されました。電力、都市ガスの両業界共に大規模な需要を占める3大都市圏とその他の主要都市が顧客獲得の主要なターゲットですから、この地域で参入企業が激しい顧客囲い込み作戦を展開中です。中でも、通信大手のような異業種が自社の取扱商品やサービスとセット販売することで顧客獲得を目指す動きが活発です。一方で、輸入するLNGから都市ガスを生産している都市ガス会社は同時に、LNGを燃料として発電している実績と実力を活用できるわけです。従って、電力会社としては電力自由化後、都市ガス会社を最大のライバルと捉えているはずです。しかも、今夏にパナマ運河の規模が拡大されて大型のLNG船が通行可能となり、従来以上に大量のLNGを安定供給するルートが確保されたので、都市ガス会社が発電能力拡大に意欲を示しています。もちろん、このパナマ運河ルートの能力拡大は電力業界にも利するところ大ですから、電力自由化と都市ガス自由化が揃って半年たった現在、両業界で電気と都市ガスのシェア争いが一層激化すると予想されます。今後、販売価格の引き下げ圧力もかかってくると予想されます。従って、原発事故以後に再生可能エネルギーを使う発電事業の拡大を望む声が高まっています。しかし、発電箇所から既往の送電網までの送電線接続工事費がかかり、発電単価が割高になることや大量の発電には適さない面を持っています。このため、電力自由化に伴う競争激化によって電気代の低下が進めば再生可能エネルギーを使う発電事業のコスト競争力の低下する恐れが指摘されています。この点は価格が高くてもエコな電気の使用を望む多くの新エネ支持需要家が引き続き再生可能エネルギーを使う発電事業を支援する動向が注目されます。

Copyright© 2017 期待されている電力自由化制度【メリットが満載】 All Rights Reserved.